読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月分読書まとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:774ナイス数:28日本会議の研究 (扶桑社新書)日本会議の研究 (扶桑社新書)読了日:03月30日 著者:菅野 完
大阪的 (コーヒーと一冊)大阪的 (コーヒーと一冊)感想これは、なんというか、ホンマに「強力」な本で…。いきなり大阪は「厚化粧のおばちゃん」ですよ。膝を打ちすぎて抜けるかと思たわw。一括りに「大阪弁(関西弁)」なんてもんは存在せん、とか、経産省のお役人はまず本書を読んでからにすればよかったのかも。(まぁ、ああいうお粗末を笑い飛ばすのも大阪的なんやけど。)江さんの主張は「いつもの話」で安心して読めるけど、この津村さんてヒトがぶっ飛んでておもろすぎる。昼休み、喫茶店で読んだけど、まわりから不審者扱いされるほど笑いましたわ。読了日:03月21日 著者:江弘毅,津村記久子
いっとかなあかん店 大阪いっとかなあかん店 大阪感想街場の達人、江さんの新著。あたしはお酒を飲まないヒト(飲めない)なんだけど、江さんの本を読んでるときだけ、なんかもったいないなぁ、と思ってしまう。(ふだんは全く思わない。)で、江さんが愛してやまないからこそ「江さんにとって」いい店の数々。もちろん、江さんに「センパイ」として連れて行ってもらえれば言うことないんだろうけど、その中でも知ってるお店には、思わず惹きつけられてしまう。江さんの飲み食いエッセイは何回読んでも食欲増進効果が衰えませんなぁ。読了日:03月15日 著者:江弘毅
いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~いい親よりも大切なこと ~子どものために“しなくていいこと"こんなにあった! ~感想薄い本で、昼休み中に読破。こどももそれぞれだし、親もそれぞれなんだから、無理するのはやめようよ、って内容。中川李枝子の本もそうだったんだけど、こういう本ってどうしても「ママ」向けなのよね。あたしが個人的にそうなのかは分からんけど、ニンゲンなんて人それぞれなんだからってことにそれほどまでに悩む母親が多いってことかなぁ。(てなこというと、だから男親は分かってない、とツッコミが入る可能性高しw)子育てで煮詰まっているお母さんにはおすすめ。男親としては、ツマがどういう煮詰まり方をしているのかを知る、ということで。読了日:03月02日 著者:小竹 めぐみ,小笠原 舞
読書メーター