読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:4601ページ
ナイス数:26ナイス

人間臨終図巻2<新装版> (徳間文庫)人間臨終図巻2<新装版> (徳間文庫)感想
いやはや、続けて読んでるとすごい本。自分の死に様はどうなるのか、と思わされる。やはり秀吉はキライらしい。解説者を知らんのだが、仰るとおり確かに完結後も書き続けて欲しかった。特に、昭和天皇手塚治虫美空ひばり等はどういう文章になったのかすごく気になる。
読了日:9月29日 著者:山田風太郎
人間臨終図巻1<新装版> (徳間文庫)人間臨終図巻1<新装版> (徳間文庫)感想
うーむ、このヒトが亡くなったのは自分と同じ年の時だったのか、とか、いろいろ考えさせられるすごい本。アシモフ的なデータ整理に関するこだわりと、厳しくも優しい寸評が読み応えあり。とりあえず、山田風太郎は秀吉はキライやったような。
読了日:9月27日 著者:山田風太郎
宗教聖典を乱読する宗教聖典を乱読する感想
改題、文庫化されてるのを忘れてて買ってしまった…。新刊やったら釈先生に印税が入ったやろうけど、中古やったので、アマゾンと古本屋さんを儲けさせただけ…。
読了日:9月26日 著者:釈徹宗
死では終わらない物語について書こうと思う死では終わらない物語について書こうと思う感想
ふーむなるほど。釈和尚の語る「物語」に共感する部分が多いなと思ってはいたのだけれど、浄土真宗の僧侶でありながら宗教学者でもあるという、(本来は)体感すべき宗教というものを論理で理解しようとしてしまう、というところがあたしに似ているからかもしれない。あたし自身、仏教とは、イスラムとは、キリスト教とは、と考えがち。本書で数多く紹介されている、死を超えた物語にあたしも出会えるのだろうか?良書です。
読了日:9月23日 著者:釈徹宗
パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)
読了日:9月17日 著者:内田幹樹
操縦不能 (新潮文庫)操縦不能 (新潮文庫)
読了日:9月16日 著者:内田幹樹
機長からアナウンス第2便 (新潮文庫)機長からアナウンス第2便 (新潮文庫)
読了日:9月15日 著者:内田幹樹
機長からアナウンス (新潮文庫)機長からアナウンス (新潮文庫)
読了日:9月13日 著者:内田幹樹
父・宮脇俊三への旅 (角川文庫)父・宮脇俊三への旅 (角川文庫)
読了日:9月13日 著者:宮脇灯子
私の途中下車人生 (角川文庫)私の途中下車人生 (角川文庫)
読了日:9月13日 著者:宮脇俊三
聖地巡礼ライジング: 熊野紀行聖地巡礼ライジング: 熊野紀行
読了日:9月7日 著者:内田樹,釈徹宗
現代霊性論現代霊性論
読了日:9月5日 著者:内田樹,釈徹宗
大阪の神さん仏さん大阪の神さん仏さん
読了日:9月5日 著者:釈徹宗,高島幸次
ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるかホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか
読了日:9月4日 著者:ランドール・マンロー
大阪アースダイバー大阪アースダイバー感想
あたしのまわりの界隈で非常に高く評価されている本。(お値段がそれなりなので、読むのが遅れた。)著者と本書のナビゲーターを務めたお2人の講演会(鼎談会)にも行った。あたし自身は40年以上大阪で暮らしてきてるが、なるほどねぇ、という指摘は数多い。読んでる途中で、これはと思ったきわどい話題にもきっちり切り込んでおり、好感が持てる。で、まぁ、面白い本である。ただ、どうしても著者が学者であると思ってしまうせいか、こんな情緒的な文章でいいのか、とツッコミたくなってしまう。江さんの著作とは逆に、大阪初心者向けなのかも。
読了日:9月3日 著者:中沢新一

読書メーター