読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 かなり筋金入りの鉄道ファン(決して「テツ」とか呼ばれる人種ではない)であるあたしとしては、東京に拠点があるからには、何かと話題の埼玉にある鉄道博物館はマストの訪問先。
 という訳で、連れ合いを引きずり(笑)、京浜東北線で大宮へ。乗ってる途中で、上野で東北線に乗り換えたほうが早かったんじゃないか、と激しく後悔。この辺も鉄道ファンとしての勘がニブってる証拠。
 で、現地到着。大阪の交通科学博物館にはない車輌も展示されており、おぉーっという感じではあるが、なんとなく盛り上がらない。なんでかなぁ、と考えてみたら、最近の流行かもしれないけど、屋根がかかって、間接照明で暗めの展示なのね。鉄道の車輌ってやっぱり屋外で見てなんぼ、だと思うあたしにとっては、なんとなくなぁ、という感じ。(その点では、交通科学博物館も一部を除いて屋内展示。)
 実際に外で、となると梅小路蒸気機関車館くらいしか思いつかない。ただ、いずこも、故宮脇俊三が言ったように「鉄道車両の剥製」のような感じは否めないねぇ、ギトギトに厚化粧されてるから。
 ちなみに、写真は撮る気になれませんでしたので、ございません。