読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:285ページ
ナイス数:12ナイス

声に出して読みづらいロシア人 (コーヒーと一冊)声に出して読みづらいロシア人 (コーヒーと一冊)感想
ミシマ社のウェブマガジンの連載をまとめたもの。ちょっとした読み物として、コーヒー片手に読むのに最適。まぁ、こういう本は小理屈をこねずに楽しむのがよろしいのでしょう。いやはや、ミシマ社は面白い本出すなぁ。(もちろん、筆者の選択がよいことも挙げられる。)
読了日:8月31日 著者:松樟太郎
新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)新訳 ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫)感想
世界中で政治的アイドルであり続けているゲバラ。本書を読むと骨の髄まで合理主義者だったことが分かる。思考が理系なんだよね。(ちなみにゲバラは医師。カストロは弁護士。)ゲリラ戦の手引きとなっている本書だが、徹頭徹尾、実践的で、イデオロギーは介入していない。ゲバラカストロ共産主義者だったのではなく、民族主義者だったということがよく分かる。解説によると、実戦に即したゲリラ戦論は、毛沢東ゲバラ、ボー・グェン・ザップぐらいしかないとのことだが、ザップ将軍の著と比べても、非常に論旨が明確でイデオロギー臭は皆無。
読了日:8月28日 著者:チェ・ゲバラ

読書メーター