読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年の読書メーター
読んだ本の数:283冊
読んだページ数:81813ページ

■劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
読了日:12月30日 著者:新田 次郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167112345

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)
またも、連れ合いの上司との本の交換で読破。かなりのSF好きと見た。あたし、こどものころに、この連載がチャンピオンでされてたのをなんとなく覚えてる。30年くらい前の話だけど、その当時にここまで現在の宇宙物理学を見越した話を書けた光瀬龍はエライ!!萩尾望都もエライ!!
読了日:12月27日 著者:光瀬 龍,萩尾 望都
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4274677

■いまだ下山せず! (宝島SUGOI文庫)
若干情緒的な文章も目立つが、遭難の記録として一級品だと思う。不謹慎だと思いつつも捜索活動中にヤマにいることの喜びを感じてしまう山男・山女のサガなど、ミゴトに描けている。
読了日:12月21日 著者:泉 康子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4274699

■太平洋戦争、七つの謎 官僚と軍隊と日本人 (角川oneテーマ21)
基本的に保守派の論客である保阪だが、東条英機をこれでもかと批判。読みでがあった。太平洋戦争はこのヒトのライフワークだね。
読了日:12月18日 著者:保阪 正康
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4181107

■ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)
巻末の対談はあくまでおまけ(あたしゃ興味なし。)桜ノ宮サーガがこうして始まるわけね。文庫になってるバチスタ、ナイチンゲール、ジェネラルを読んで面白かったヒトは必読かなぁ。続編は現在連載中とのこと。これもはやく文庫にならないかなぁ。それはそうと、どうして海堂尊は文庫化されると上下巻になるんだろう?読みで的には1冊ものでも十分だと思うんだけど・・・。ま、面白いからいいか。値段が高くなってるわけでもないし。
読了日:12月16日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4170456

■ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
なるほどこうきたか。
読了日:12月16日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4170452

神道の本―八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 2)
読了日:12月16日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4051060241

アフタヌーン新書 006 ジオン軍の失敗
ホントにばかだねぇ、と思いながら手に取り、購入し、読んでしまう自分の悲しさ。あたしらの世代は、ガンダムに弱いのね・・・。ただ思いのほかマジメな本で面白かったけど。
読了日:12月11日 著者:岡嶋 裕史
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4104545

■特捜検察の闇 (文春文庫)
魚住昭は好きです。何回読み返してもいいなぁ。このヒトはすごく冷静で、「ジャーナリスト」にありがちな上から目線がないのよね。その辺が好きです。
読了日:12月10日 著者:魚住 昭
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4104517

偽書東日流外三郡誌」事件 (新人物文庫 さ 1-1)
いやはや参りました。タイトルがセンセーショナルで、さらに東日流外三郡誌ときたら、トンデモ本に違いないと思ってしまうところ、だてに鎌田慧が解説してない。見事な作品。地方紙だからといって実力をなめてはいけませんねぇ。朝日新聞の方、共同通信の方、ぜひ読んでください(←かなりイヤミ)。
読了日:12月08日 著者:斉藤 光政
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4081936

■モタ先生と窓際OLの心がらくになる本 (新潮文庫)
斎藤由香って結婚して子供もいたんだ?!知りませんでした。ま、それはさておき、ご存知モタ先生と窓際OLの伯父・姪の見事な対談。久しぶりに書名に偽りなし、だなぁ。確かにココロが楽になるかも。
読了日:12月08日 著者:斎藤 茂太,斎藤 由香
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4073933

■「スーパー名医」が医療を壊す (祥伝社新書187) (祥伝社新書 187)
医療現場からの悲痛な叫び。「普通」の医者から見て、今の風潮を厳しく批判。(勇気がいっただろうなぁ・・・。)ものすごく共感。日本って「聖職意識」がものすごく強いのよね。「職業に貴賎なし」って新聞をはじめとするマスメディアの常套句だけど、そんなこと誰も全然思ってないよね。「医者は死ぬまで働け」というような言われ方は、誰しも自分に当てはめて考えてみたら、怖くて言えないんじゃないかなぁ。
読了日:12月07日 著者:村田 幸生
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4063815

■ひさいち文庫 ちゃっかり社長とうっかり社員 (双葉文庫 い 17-44 ひさいち文庫)
読了日:12月05日 著者:いしいひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713600

自衛隊裏物語 (幻冬舎アウトロー文庫)
ま、結局このヒトは日本版クランシーってか。すなわち「自衛隊がむばれ!!」とはいえ、よく書けていると思いますよ。もう少し正面から取り組んでもらってもいいのかも。あ、タイトルが「裏」ね(笑)。
読了日:12月04日 著者:後藤 一信
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4041369

■ベスト&ブライテスト〈下〉アメリカが目覚めた日 (朝日文庫)
やはりアメリカジャーナリズムの良心。訳者あとがきに引用されている娘に送った言葉はあまりにも重い。日本にハルバースタムに匹敵するジャーナリストがないのを憂う。
読了日:12月03日 著者:デイヴィッド ハルバースタム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4028606

■ベスト&ブライテスト〈中〉ベトナムに沈む星条旗 (朝日文庫)
どんどんエスカレートする泥沼。それを淡々とこなしていく官僚機構。どこまでも空恐ろしい既視感を感じざるを得ない。官僚機構とは過ちを認めることのできない非常に硬直的な組織なのである。
読了日:12月02日 著者:デイヴィッド ハルバースタム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4020083

■ベスト&ブライテスト〈上〉栄光と興奮に憑かれて (朝日文庫)
という訳で、アメリカ現代史の古典中の古典、名作中の名作。ハルバースタムは非常に惜しいことをした。最新作「コールデスト・ウィンター」も読みたいんだけど、単行本は高い。しかし今は亡きサイマル出版会はいい本をたくさん出してたねぇ。これは朝日新聞が復刊したけど。
読了日:12月01日 著者:デイヴィッド ハルバースタム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3996045

■たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て (新潮文庫)
アメリカの権力構造には学生時代から興味があり、ベスト・アンド・ブライテストなんかも読んだけど、議会というのはあまり気にしてこなかったなぁ。その意味では蒙を啓かれた気分。ただ、このヒト少々文章がくどい。インテリジェンスでは佐藤優と並ぶ大家(一応皮肉です。)らしいけど。
読了日:11月27日 著者:手嶋 龍一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3950963

■ココロの薬の本 (宝島SUGOI文庫 A へ 1-61)
相変わらず春日武彦がはっちゃけてて面白い。その他はあくまでご参考。あ、用法、容量は医師の指示に従ってください。
読了日:11月26日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3935086

野中広務 差別と権力 (講談社文庫)
個人的な話だが、ある場所で野中弘務を見かけたことがある。非常に小さなオジサンなのだが、えもいわれぬオーラというか、物理的な小ささを感じさせない大きさというか、そういうものを感じさせるヒトだった。バックグラウンドがどうあれ、また、潮目を見てどんどん変わっていくヒトであれ、このヒトには一本スジが通っているのは間違いない。その野中にこれでもか、と切り込んだ作品。魚住の作品はジャーナリスティックで非常に好きなのだが、その魚住と野中の対決は圧巻。文庫のおまけ、佐藤優との対談も秀逸。
読了日:11月25日 著者:魚住 昭
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3927471

■沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
不毛地帯が流行ってるからと読みたくはなかったのだが(←天邪鬼)、久しぶりに読み返してみた。結局事実を語らず死んでしまったよね。
読了日:11月20日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3864215

■凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
うーむ。後味の悪い本だ。しかし、皆さんおっしゃるように、ノンフィクションとして、題材も内容も非常に優れている。一瞬「黒い事件簿」(だっけ?)のようなキワものかとも思ったのだが、全然違い、見事な作品。事件モノとして秀逸。雑誌記者の執念を感じた。
読了日:11月18日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3841678

■捜査一課秘録 (新潮文庫)
それほど期待してはいなかったんだけど、かなり読めた。こういう企画って新聞記者よりは雑誌記者の方が何枚か上手ってことが多いけど、読売もなかなかやるなと。基本的論調は「警察がんばれ!」ま、クランシーと同じか(笑)。
読了日:11月18日 著者:三沢 明彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3840208

トム・クランシーの戦闘航空団解剖 (新潮文庫)
古いけど読み応えはある。(読むのに5日かかった・・・。)ただ、ランボー張りの愛国心バリバリは少々鼻につきます。まぁ、健全なレベルの愛国心なんでしょうけど。
読了日:11月16日 著者:トム クランシー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3818449

■憎まれ役 (文春文庫)
ノムさんも野中弘務も気になるヒトなのだが、かなり読めた。完全な対談形式ではないが、いずれも言いたいことは言ってると思う。
読了日:11月12日 著者:野村 克也,野中 広務
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3764872

トム・クランシーの原潜解剖 (新潮文庫)
あぁ、これぞ平均的「愛国者」なんでしょうなぁ。
読了日:11月09日 著者:トム クランシー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3725976

レッド・オクトーバーを追え (下) (文春文庫 (275‐52))
そう言えば、映画化されたときにはすでにソ連が崩壊しててストーリーが変わりましたなぁ。
読了日:11月08日 著者:トム・クランシー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3725206

レッド・オクトーバーを追え (上) (文春文庫 (275‐51))
今となってはいささか古さも感じるが、やはり名作。ジャック・ライアンシリーズ第1作。
読了日:11月07日 著者:トム・クランシー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3725181

■となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)
読了日:11月07日 著者:別冊宝島編集部
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796664467

宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)
読了日:11月05日 著者:佐藤 勝彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4004311616

■宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)
読了日:11月03日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159754

■宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
読了日:11月02日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159746

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
読了日:11月01日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159711

■暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
読了日:10月29日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159738

■暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
読了日:10月28日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/410215972X

■異端の数ゼロ――数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
読了日:10月27日 著者:チャールズ・サイフェ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4150503494

■「般若心経」を読む (講談社現代新書)
いやね、般若心経はココロの癒しになるんだけど、ここまで情緒的に書かれてもなぁ。話もあちこちに飛ぶし。といって、自由訳もどうかと思うし。解説書を期待して読むとがっかりします。
読了日:10月26日 著者:紀野 一義
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3543508

■「超ひも理論」とはなにか (ブルーバックス)
サイエンスライターで、このヒトの本は読みやすいと思ってたんだけど、相手が悪かったか・・・。超ひも理論。超難解。
読了日:10月23日 著者:竹内 薫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3512508

うつ病―まだ語られていない真実 (ちくま新書 690)
ココロのお医者さんって、そのヒトを信用できるかどうかが大きいと思うんだけど、色々読んでて、このヒトの言うことは信用できるかなって思う。うつの治療についての限界もはっきり示してるし。
読了日:10月23日 著者:岩波 明
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3512499

日本共産党 (新潮新書)
読了日:10月22日 著者:筆坂 秀世
http://book.akahoshitakuya.com/b/4106101645

■日本をダメにした10の裁判 (日経プレミアシリーズ 4)
エリート臭がプンプンしてそれがまた面白い。こういうヒトたちはホワイトカラーエグゼンプションにも賛成なんだろうなぁ、みんなヤッピーだし。
読了日:10月21日 著者:チームJ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3498930

■うつノート 精神科ERに行かないために (集英社文庫)
なるほどこういう本の作り方もあるのね、という感じ。岩波明に比べると軽いしなんか楽観的。でもまぁ役に立つかな。前作はよかった。
読了日:10月20日 著者:備瀬 哲弘
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3486294

■ビジネスマンの精神科 (講談社現代新書)
うちの職場の上司連中に読ませてやりたいね。このヒトの本は私好きです。論旨が明確で、胡散臭さがない。
読了日:10月20日 著者:岩波 明
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3486288

■日本のがん医療を問う (新潮文庫)
今でも古くない内容ですねぇ。命は金で買えるのか。やだねぇ。
読了日:10月19日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3475938

■ハイブリッド (文春新書)
私はそれなりに楽しめましたよ。昔っから、欠点のないのが欠点みたいなクルマを量産する一方で、セラとかMR2とかスープラみたいな無駄にとんがったクルマを造る会社でもあるわけだし。いっせーのーでってのもまた面白いんじゃないですか。
読了日:10月18日 著者:木野 龍逸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3475936

■墜落の夏―日航123便事故全記録 (新潮文庫)
私も123便関係の本は結構たくさん読んだが、この本が一番まとまっていて、しかも事故から1年後に書かれているにもかかわらず、その後の事故調の展開を予測したような内容に驚かされる。「クライマーズハイ」を読む前に読んでおくといいかもしれない。123便関連では今のところ最高といって差し支えない。
読了日:10月18日 著者:吉岡 忍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3461664

■新版 裁判の秘密 (宝島SUGOI文庫)
「欠陥英和辞典の研究」で名を挙げた「著述家」の副島さんの文章なんだろうけど、読むのに疲れた。押し付けがましい。内容は悪くないのにね。
読了日:10月18日 著者:山口宏,副島隆彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3461630

■ひさいち文庫 ちゃっかり社長とうっかり社員 (双葉文庫 い 17-44 ひさいち文庫)
しかしここまで描いて大丈夫なのかと心配になるほど笑える。
読了日:10月16日 著者:いしいひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3448197

■裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫)
読了日:10月15日 著者:門田 隆将
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101231419

■「ヤクザと抗争現場」-溝口敦の極私的取材帳 (講談社+α文庫)
読了日:10月15日 著者:溝口 敦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062811111

■食肉の帝王 (講談社プラスアルファ文庫)
読了日:10月14日 著者:溝口 敦
http://book.akahoshitakuya.com/b/406256890X

■ぼくたちは水爆実験に使われた (文春文庫)
一部フィクションではあるものの、これが小説だったなら、と思える力作。ティム・オブライエンに並んで重い。しかも実話というのが救われない。
読了日:10月13日 著者:マイケル ハリス
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3411395

■中核VS革マル(下) (講談社文庫)
読了日:10月10日 著者:立花 隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061341847

■中核VS革マル(上) (講談社文庫)
読了日:10月10日 著者:立花 隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061341839

日本共産党の戦後秘史 (新潮文庫)
読了日:10月09日 著者:兵本 達吉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101362912

■査察機長 (新潮文庫)
NIAサーガの中でも異色の1冊。何も起きないサスペンス。心理描写が真に迫っているのは、機長としての経験がディテールをこれでもかと、しかも押し付けがましくなく、示しているからだろう。
読了日:10月05日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3329730

■操縦不能 (新潮文庫)
NIAシリーズ第3弾。息をつかせぬ展開は相変わらず。中身の突飛さは、エアラインの内情を教官機長として知り尽くしている筆者ならでは。
読了日:10月04日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3320128

■機体消失 (新潮文庫)
NIAサーガ第2作。(文庫化の順序は違うけど。)しかし、内田幹樹、ホントに惜しい。このシリーズって10冊くらいにはなったはず。
読了日:10月03日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3303266

■パイロット・イン・コマンド (新潮文庫)
ホントに面白い。小説家本職でなかったヒトで、見事な小説を書き、これからというところで亡くなったというのは米原万里と双璧(とあたしは思う。)
読了日:10月01日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3287345

■機長からアナウンス第2便 (新潮文庫)
という訳で内田幹樹再読。
読了日:10月01日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3287330

■隠された証言―日航123便墜落事故 (新潮文庫)
あたしは内田幹樹も好きなんだけど、パイロットというのは非常に分析的で、理系の割に文章力があるヒトが多いのね。この本も自ら認めているがごとく一部陰謀史観的なところもあるけど、事故調の無力さがこれでもかと示される名著。
読了日:09月30日 著者:藤田 日出男
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3287289

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
「天は我を見放したかぁ」というあの映画の原作ですかね。ヤマ系の小説を読みたくて購入。こちらの方がよかったです。司馬遼を読み返そうかな、とも思ったけど、NHKの策略に乗せられるのもと、現在自重中。
読了日:09月28日 著者:新田 次郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3260803

■間抜けの実在に関する文献 (福武文庫)
読了日:09月28日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828831282

■先生根性 (福武文庫)
教師百罒のすばらしさが味わえる本。映画「まあだだよ」と併せて読むことをお勧め。しかし、百罒は食わせ物でありながら、優れた教育者であり、皮肉屋で、正論家で、変幻自在、読者の鼻面を引き回す作家だと思う。あたしは大好きですが。
読了日:09月26日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3248174

■李陵・山月記 (新潮文庫)
何度読んでも震えるような感動を呼び起こす本。
読了日:09月24日 著者:中島 敦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3220953

■フースケ (文春文庫―ビジュアル版)
巨匠が悩める時期の作品。絵柄がかなり違う。常にトップランナーであろうとした手塚の執念を読み取ることもできる。
読了日:09月23日 著者:手塚 治虫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3209569

■はじめての〈超ひも理論〉 (講談社現代新書)
読了日:09月23日 著者:川合 光
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061498134

■ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)
読了日:09月22日 著者:スティーヴン・W. ホーキング
http://book.akahoshitakuya.com/b/4150501904

■ホーキング 虚時間の宇宙 (ブルーバックス)
読了日:09月19日 著者:竹内 薫
http://book.akahoshitakuya.com/b/406257487X

■怪しいお仕事! (新潮文庫)
読了日:09月19日 著者:北尾 トロ
http://book.akahoshitakuya.com/b/410128251X

■ここまでわかった宇宙の謎 (講談社プラスアルファ文庫)
読了日:09月18日 著者:二間瀬 敏史
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062563983

■倒産体験 (宝島社文庫)
読了日:09月18日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796658726

■新方丈記 (福武文庫)
戦中の日記や口述筆記を1冊にまとめた本。百罒の面目ここにあり、の風格がある。しかしたいしたヒトだ、このヒトは。
読了日:09月17日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3145331

■百けん座談 福武文庫
対談の自分の発言のみを抜粋し、それで話をつなげてしまうというヒトを食ったとしか言いようのない本。でも面白いんだなぁ、これが。参りました。
読了日:09月16日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3145314

■劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
あたしゃミーハー的読書は好まないのだけど、こないだ読んだ「いまだ下山せず!」のとっかかりでヤマ系を読みたいと思い、購入。読み応えもあり、非常によかったが、最後のあとがきがなんか「文豪」ぽくてなんだかなぁ。
読了日:09月15日 著者:新田 次郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3128426

■打たれ強く生きる (新潮文庫)
読了日:09月15日 著者:城山 三郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101133212

百鬼園随筆 (続) (福武文庫)
読了日:09月14日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828832904

■いまだ下山せず! (宝島SUGOI文庫)
読了日:09月11日 著者:泉 康子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796673202

天皇さまお脈拝見 (新潮文庫)
読了日:09月11日 著者:杉村 昌雄
http://book.akahoshitakuya.com/b/410146801X

■新・大貧帳 (福武文庫)
読了日:09月09日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828831150

まあだかい (福武文庫)
読了日:09月07日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828832653

■落日燃ゆ (新潮文庫)
城山三郎の非常に抑制のきいた、あるいはききすぎた、文体が広田弘毅の無念さをあまりにも切なく表現している。
読了日:09月05日 著者:城山 三郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3013044

■新編 後藤田正晴―異色官僚政治家の軌跡 (中公文庫)
一言で言えばバランス。さらに言えば権力の暴走への危惧。これが後藤田を稀有の官僚であり政治家にしたものであろう。
読了日:09月04日 著者:保阪 正康
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3016509

昭和天皇とその時代 (文春文庫)
美辞麗句は避けたといいつつ、あんたはどやねん?!と突っ込みどころ満載
読了日:09月03日 著者:河原 敏明
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2992424

昭和天皇独白録 (文春文庫)
読了日:09月02日 著者:寺崎 英成,マリコ・テラサキ・ミラー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167198037

■陛下の御質問―昭和天皇と戦後政治 (徳間文庫)
読了日:09月02日 著者:岩見 隆夫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4198903565

■情と理 -カミソリ参謀回顧録- 下 (講談社+α文庫)
筑紫哲也が「最後の護民官」と呼んでいるけど、官僚として独善に走らず、自分は間違っているのではと自戒し続けたということでしょう。というか、権力の恐ろしさを知っていたからこそ、とも言えるかも。
読了日:09月02日 著者:後藤田 正晴
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2979490

■情と理 -カミソリ参謀回顧録- 上 (講談社+α文庫)
このヒトは本質的には大正デモクラシーのヒトなんでしょうなぁ。そこが並みの「タカ派」と違うところ。「中曽根さんは内務省のニンゲンではない」と言い切っているところも面白いよね。
読了日:09月01日 著者:後藤田 正晴
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2979464

■大問題 ’09 (創元ライブラリ) (創元ライブラリ L い 1-44)
読了日:08月31日 著者:峯 正澄,いしいひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4488070639

宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)
読了日:08月31日 著者:佐藤 勝彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4004311616

アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)
読了日:08月29日 著者:星 新一,アイザック アシモフ,Isaac Asimov
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102186042

■コワ~い土地の話 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A み 1-1)
読了日:08月28日 著者:三住友郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796666214

■連合艦隊軍艦列伝 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A え 1-1)
読了日:08月27日 著者:円道祥之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796666044

■硫黄島に死す (新潮文庫)
読了日:08月25日 著者:城山 三郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101133166

■独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459 (講談社プラスアルファ文庫)
読了日:08月25日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062561328

山本五十六 (下) (新潮文庫 (あ-3-4))
読了日:08月24日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101110042

山本五十六 (上巻) (新潮文庫)
読了日:08月23日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101110034

山本五十六再考 (中公文庫)
原タイトルの天皇伏見宮と海軍という方が本書の内容にはあってるね。
読了日:08月23日 著者:野村 実
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2885485

■宰相 鈴木貫太郎 (文春文庫)
読了日:08月22日 著者:小堀 桂一郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167452014

カモネギ白書―山ちゃん、雀荘にたゆたう。 (角川文庫)
読了日:08月20日 著者:山崎 一夫,西原 理恵子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4043543026

■まあじゃんほうろうき (下) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
読了日:08月18日 著者:西原 理恵子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812401151

■まあじゃんほうろうき (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
読了日:08月18日 著者:西原 理恵子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812401143

■軽症うつ病 (講談社現代新書)
読了日:08月18日 著者:笠原 嘉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061492896

■覚えていない (新潮文庫)
読了日:08月17日 著者:佐野 洋子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101354146

■ほんの本棚 (創元ライブラリ)
読了日:08月16日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4488070469

■忘れ得ぬ翼 (角川文庫)
読了日:08月14日 著者:城山 三郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041310229

■高熱隧道 (新潮文庫)
読了日:08月14日 著者:吉村 昭
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101117039

■陸奥爆沈 (新潮文庫)
読了日:08月13日 著者:吉村 昭
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101117071

■空白の戦記 (新潮文庫 よ 5-9)
読了日:08月13日 著者:吉村 昭
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101117098

戦艦武蔵 (新潮文庫)
読了日:08月12日 著者:吉村 昭
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101117012

■指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく (新潮文庫)
本書を読むと城山を創作に駆り立てたものは、鎮魂などという生易しいものではなく、とどまることのない憤りであったことがよく分かる。冷静な筆致の城山には珍しく、エッセイ風小説。
読了日:08月11日 著者:城山 三郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2773645

■零式戦闘機 (新潮文庫)
読了日:08月11日 著者:吉村 昭
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101117063

■連合艦隊興亡記〈下〉 (中公文庫)
読了日:08月10日 著者:千早 正隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4122025869

■聖書の奇跡―その謎をさぐる (講談社現代新書 584)
最近連れ合いの上司と本の交換を楽しんでいる。「聖書VS世界史」に対して返ってきたのがこの本。地球物理学的に聖書の奇跡を読み解こうという本で面白かった。
読了日:08月07日 著者:金子 史朗
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2721032

■連合艦隊興亡記〈上〉 (中公文庫)
やはりブームは続く
読了日:08月06日 著者:千早 正隆
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2721023

日本国憲法をつくった男―宰相幣原喜重郎 (文春文庫)
山本五十六井上成美はどうも、と思って久しぶりに再読。大阪出身の唯一の首相。
読了日:08月05日 著者:塩田 潮
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2710627

米内光政 (新潮文庫)
阿川の「海軍大将三部作」(と呼んでるのはわたしだけ?)の中で最高傑作と思う。しかし昔はすごいヒトがいたもんだ。
読了日:08月05日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2699534

■軍艦長門の生涯 (下巻) (新潮文庫)
読了日:08月04日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101110093

■軍艦長門の生涯 (中巻) (新潮文庫)
読了日:08月02日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101110085

■軍艦長門の生涯 (上巻) (新潮文庫)
しばらく軍艦ブームになりそう・・・
読了日:08月01日 著者:阿川 弘之
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2662410

■連合艦隊軍艦列伝 [宝島SUGOI文庫] (宝島SUGOI文庫 A え 1-1)
読了日:08月01日 著者:円道祥之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796666044

■軍艦武蔵 下巻
これまでにも軍艦を主題として戦争と人物模様を描いた作品はあった(阿川弘之吉村昭など)、その阿川弘之が絶賛というオビも納得の力作。著者は映像出身とのことだが、見事な作品。今年のベスト10に間違いなく入る。
読了日:07月30日 著者:手塚 正己
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2640429

■軍艦武蔵 上巻
読了日:07月29日 著者:手塚 正己
http://book.akahoshitakuya.com/b/4872337441

■ナンセンス・ボックス (双葉文庫 い 17-37 ひさいち文庫)
読了日:07月27日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713465

■ワイはアサシオや (双葉文庫 い 17-33 ひさいち文庫)
読了日:07月27日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713406

■あのころの未来―星新一の預言 (新潮文庫)
う〜ん。1001話を作った人は面白かったんだけどなぁ。星新一が好きなのは分かるけど。一番読めたのが、巻末の奥さんとの対談ってのはちと哀しい。
読了日:07月27日 著者:最相 葉月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2606315

ミトコンドリアのちから (新潮文庫)
読みやすいのか読みにくいのかいまいち分かりにくい本。立ち位置が中途半端なのかな。
読了日:07月25日 著者:瀬名 秀明,太田 成男
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2597935

アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)
昔に読んだけどどっかにやってしまった。確か旅行に持っていってそこでなくしたような。そういうシチュエーションに最適の本。
読了日:07月25日 著者:星 新一,アイザック アシモフ,Isaac Asimov
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2583115

■てなもんやお宝発掘大作戦 (双葉文庫 い 17-32 ひさいち文庫)
読了日:07月24日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713392

■鳴呼!栄冠は君には輝かない (双葉文庫―ひさいち文庫)
読了日:07月24日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713015

■ワシらを野球に連れて行け―ひさいち文庫 (双葉文庫)
読了日:07月24日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713376

■未曽有だよプロ野球 (双葉文庫 い 17-41 ひさいち文庫)
読了日:07月24日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713554

■スチャラカお宝大明神 (双葉文庫 い 17-35 ひさいち文庫)
読了日:07月24日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713449

■だからどーした劇場 (双葉文庫 い 17-40 ひさいち文庫)
読了日:07月23日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713538

■航空機事故50年史――第一人者がはじめてすべてを明かす (講談社+α文庫 (G8-10))
読了日:07月23日 著者:加藤 寛一郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062811987

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)
読了日:07月22日 著者:レスリー アドキンズ,ロイ アドキンズ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102168311

■宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)
読了日:07月20日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159754

■宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
読了日:07月19日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159746

■ここまでわかった宇宙の謎 (講談社プラスアルファ文庫)
読了日:07月19日 著者:二間瀬 敏史
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062563983

■魂の重さは何グラム?―科学を揺るがした7つの実験 (新潮文庫)
読了日:07月18日 著者:レン フィッシャー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102172513

■近くて遠山の金さん (双葉文庫 い 17-28 ひさいち文庫)
読了日:07月18日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713309

■にんにん物語―忍者無芸帳 (双葉文庫―ひさいち文庫)
読了日:07月18日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713066

宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)
映画ノウイングに触発されたか、宇宙関係の再読ラッシュ。ホントなら聖書を読めってか。
読了日:07月17日 著者:佐藤 勝彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2494212

■はじめての〈超ひも理論〉 (講談社現代新書)
読了日:07月17日 著者:川合 光
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061498134

■賢い皮膚―思考する最大の“臓器” (ちくま新書)
読了日:07月16日 著者:傳田 光洋
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480064931

■ホーキング 虚時間の宇宙 (ブルーバックス)
読了日:07月16日 著者:竹内 薫
http://book.akahoshitakuya.com/b/406257487X

■ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで (ハヤカワ文庫NF)
読了日:07月15日 著者:スティーヴン・W. ホーキング
http://book.akahoshitakuya.com/b/4150501904

■消えた反物質 (ブルーバックス)
初心者向けとは言うものの、初学者というべきか。さすがノーベル賞恐るべし。理解の域を超えてました。
読了日:07月15日 著者:小林 誠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2469656

■人類が消えた世界
読了日:07月14日 著者:アラン・ワイズマン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4152089180

■異端の数ゼロ――数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
確かに面白い。サイモン・シンが必読書に挙げたのも分かる。翻訳もこなれていて読みやすい。
読了日:07月13日 著者:チャールズ・サイフェ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2452957

■ツーショットワールド 日本顔面崩壊 (講談社漫画文庫 い)
読了日:07月12日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/406370646X

大統領の陰謀 (双葉文庫―ひさいち文庫)
読了日:07月12日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575712663

■永田町三丁目の夕日 (双葉文庫―ひさいち文庫 (い-17-25))
読了日:07月12日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713201

■大阪「駅名」の謎-日本のルーツが見えてくる (祥伝社黄金文庫)
読了日:07月09日 著者:谷川 彰英
http://book.akahoshitakuya.com/b/4396314841

■ユーアーマイ参議院 PNN―ひさいち文庫 (双葉文庫)
読了日:07月09日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/457571335X

■新装版 洗脳体験 (宝島SUGOI文庫)
体験記自体はあたしの友人で昔はまったのがいたんで、ふぅーんって感じだったけど、島田某はしかし分析ということができないヒトですね。創価学会の本を読んだときと併せてがっかり。
読了日:07月08日 著者:二澤 雅喜,島田 裕巳
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2406687

■新装版 公安アンダーワールド (宝島SUGOI文庫)
いかにも別冊宝島。ま、それなり。
読了日:07月07日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2404598

■差別と日本人 (角川oneテーマ21 A 100)
野中広務にしても後藤田正晴にしても、引退後のほうがすっきりしてるし、存在感もあるのは日本の政治の貧困のせいか・・・。
読了日:07月06日 著者:辛 淑玉,野中 広務
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2387357

■独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459 (講談社プラスアルファ文庫)
かなり前にハードカバーで読んだ記憶が。現在絶版だが、アップデートしてぜひ再刊を!!
読了日:07月03日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2359435

■極上旅客機伝説―旅客機の誕生から現代まで (光人社NF文庫)
文体は好きじゃないけど、網羅的で内容はよかった。ただ高い。
読了日:07月03日 著者:阿施 光南
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2359423

■誰も書けなかった日本のタブー (宝島SUGOI文庫)
この系統は宝島の専売特許。まぁまぁ。
読了日:07月02日 著者:西岡 研介,一ノ宮 美成,吾妻 博勝,山本 譲司,鈴木 智彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2344948

スターリン秘録 (扶桑社文庫)
はっきり言って「サンケイ」という先入観入りで読みましたが、わざわざどぎつい言葉を使わないほうが、よっぽど、スターリンとかその体制の気持ち悪さを表せたのになぁ、と思いますです。
読了日:07月01日 著者:斎藤 勉
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2334225

■刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)
読了日:06月20日 著者:佐々木 嘉信
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101151717

容疑者Xの献身
あたしゃベストセラーなるものにはあまり手を出さない主義なんだけど、なるほど、確かに人気が出るのも分かる。
読了日:06月20日 著者:東野 圭吾
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2214001

■機長からアナウンス (新潮文庫)
読了日:06月19日 著者:内田 幹樹
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101160414

■警察裏物語 (新潮文庫)
読了日:06月16日 著者:北芝 健
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101381518

■ピギースニードを救う話 (新潮文庫)
アーヴィングの翻訳を読むのはガープに次いで2作目。(あとは原書。)これは原書も読むべきか。
読了日:06月16日 著者:ジョン・アーヴィング
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2178681

■ヒトのオスは飼わないの? (文春文庫)
読了日:06月14日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167671034

米原万里を語る
読了日:06月14日 著者:井上 ユリ,小森 陽一,井上 ひさし,金平 茂紀,吉岡 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/478030279X

米原万里、そしてロシア
読了日:06月13日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/4774004340

■スーパー政界ゴールデン・デラックス (双葉文庫 い 17-42 ひさいち文庫)
読了日:06月12日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713570

■「朝日」ともあろうものが。 (河出文庫)
読了日:06月10日 著者:烏賀陽 弘道
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309409652

■血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)
読了日:06月06日 著者:森 功
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344981278

■ハイブリッド (文春新書)
読了日:06月04日 著者:木野 龍逸
http://book.akahoshitakuya.com/b/4166606921

■機長の判断力――情報・時間・状況を操縦する仕事術 (講談社+α文庫)
読了日:06月03日 著者:坂井 優基
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062812797

■鉄道員は見た! (新潮文庫)
読了日:05月28日 著者:難波 とん平,梅田 三吉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101141711

■打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)
読了日:05月26日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167671042

■他諺の空似―ことわざ人類学 (光文社文庫)
読了日:05月20日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4334745962

■ツーショットワールド 日本顔面崩壊 (講談社漫画文庫 い)
読了日:05月01日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/406370646X

■エンタメ通訳の聞き方・話し方 (PHP新書)
読了日:04月25日 著者:小林 禮子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4569707548

■バイトくん!大阪100円生活 (講談社+α文庫)
手軽な大阪入門。うちの職場の外国人にすすめようかなぁ。
読了日:04月21日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1632869

■未曽有だよプロ野球 (双葉文庫 い 17-41 ひさいち文庫)
読了日:04月21日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713554

■総員玉砕せよ! (講談社文庫)
読了日:04月18日 著者:水木 しげる
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061859935

■心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)
あたしこのヒト好きです。
読了日:04月11日 著者:春日 武彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1534688

自衛隊はどこまで強いのか (講談社プラスアルファ新書)
話題の「更迭された航空幕僚長」との対談本。分かるんだけど、自衛官も国家公務員である以上、就任時に宣誓も行い、日本国憲法他法令順守を誓ってるはずなんだけどね。
読了日:04月09日 著者:潮 匡人,田母神 俊雄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1529721

退魔針―魔殺ノート (6) (バーガーSC (499))
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行,斎藤 岬
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796244433

退魔針 5―魔殺ノート (バーズコミックス)
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行
http://book.akahoshitakuya.com/b/4789781305

退魔針 4―魔殺ノート (バーズコミックス)
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行
http://book.akahoshitakuya.com/b/4789781291

退魔針―魔殺ノート (3) (バーガーSC (457))
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行,斎藤 岬
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796244018

退魔針―魔殺ノート (2) (バーガーSC (432))
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行,斎藤 岬
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796243763

退魔針―魔殺ノート (1) (バーガーSC (413))
読了日:04月05日 著者:菊地 秀行,斎藤 岬
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796243577

■ワイはアサシオや (双葉文庫 い 17-33 ひさいち文庫)
読了日:04月04日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713406

■魂の重さは何グラム?―科学を揺るがした7つの実験 (新潮文庫)
読了日:04月03日 著者:レン フィッシャー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102172513

■がんで死ぬのはもったいない (講談社文庫)
確か週刊現代に連載してた?歯切れがよくてぐいぐい読ませる。
読了日:04月02日 著者:平岩 正樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1448440

■それってホントに「うつ」?──間違いだらけの企業の「職場うつ」対策 (講談社プラスアルファ新書)
若い著者だが、なかなか読ませる
読了日:03月27日 著者:吉野 聡
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1397416

■偽善の医療 (新潮新書)
いかにも新潮な辛口の本で面白かった
読了日:03月25日 著者:里見 清一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1382317

■外交官―ネゴシエーターの条件 (講談社現代新書)
少し古い本だけど、佐藤優とあわせて読むと面白いかも。
読了日:03月23日 著者:浅井 基文
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1367154

■反転―闇社会の守護神と呼ばれて (幻冬舎アウトロー文庫)
読了日:03月19日 著者:田中 森一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344411528

■「夢の超特急」、走る!―新幹線を作った男たち (文春文庫)
読了日:03月17日 著者:碇 義朗
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167717484

■歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)
読了日:03月14日 著者:東郷 和彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062879719

■オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)
やはりすごい。映像化を見てみたいとも思うけど、がっかりするかもね。
読了日:03月10日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1253910

■石の花(5)解放編 (講談社漫画文庫)
ラストに救済が用意されているものの、あまりにつらいストーリー。日本であまり知られていない、ユーゴスラビアという国の悲劇が見事に描かれている。坂口尚が生きていれば、ユーゴ内戦をどう捉えただろう。米原万里さんの「嘘つきアーニャ」はオープンエンディングだったが、この作品が描かれた当時は希望を抱かせるエンディングにも必然性あり。
読了日:03月09日 著者:坂口 尚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1243721

■石の花(4)激戦編 (講談社漫画文庫)
基調低音として流れる先生の言葉と厳しいという言葉では陳腐なほどの現実の対比。
読了日:03月09日 著者:坂口 尚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1243718

■石の花(3)内乱編 (講談社漫画文庫)
アドルフを超えるというコメントもあったが、確かに。重くまた切ない。
読了日:03月09日 著者:坂口 尚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1243713

■石の花(2)抵抗編 (講談社漫画文庫)
読み始めたのは深夜。やめられず読み続ける。
読了日:03月09日 著者:坂口 尚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1243708

■石の花(1)侵攻編 (講談社漫画文庫)
Mieさんと同じく、米原万里さんの紹介で読み始める。こんなにぐいぐい引き込まれる本は久しぶり。
読了日:03月09日 著者:坂口 尚
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1243706

■企業買収―会社はこうして乗っ取られる (新潮OH!文庫)
今読むと古い。村上くんを褒め称えてるし。
読了日:03月09日 著者:鷲尾 香一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1238570

■新版 裁判の秘密 (宝島SUGOI文庫)
読了日:03月08日 著者:山口宏,副島隆彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796664548

■鏡の国の戦争 (潮ビジュアル文庫)
読了日:03月08日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/426701339X

東海道戦争 (中公文庫)
読了日:03月08日 著者:筒井 康隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4122022061

■笑犬樓の逆襲 (新潮文庫)
読了日:03月07日 著者:筒井 康隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101171505

■ローカルバスの終点へ (新潮文庫)
読了日:03月06日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268096

■途中下車の味 (新潮文庫)
読了日:03月05日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/410126810X

■日本列島七曲り (角川文庫 緑 305-9)
読了日:03月05日 著者:筒井 康隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041305098

公安調査庁の深層 (ちくま文庫 の 11-1)
結局CIA話なのね。いまいち。
読了日:03月03日 著者:野田 敬生
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1181990

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
以前に読んでたので、ホントは再読。米原万里が評価していただけあって、筆者はかなりの筆力だと思う。一気に読ませる。
読了日:03月03日 著者:佐藤 優
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1180799

■全線開通版・線路のない時刻表 (講談社文庫)
読了日:03月01日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062637219

■汽車旅12ヵ月 (新潮文庫)
読了日:03月01日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268010

■宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)
読了日:02月28日 著者:筒井 康隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101171157

■乗る旅・読む旅 (角川文庫)
読了日:02月27日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041598117

■時刻表2万キロ (河出文庫 み 4-1)
読了日:02月26日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4309470017

■東京検死官<三千の変死体と語った男> (講談社文庫)
読了日:02月26日 著者:山崎 光夫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062756269

■失われた鉄道を求めて (文春文庫)
読了日:02月24日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167331047

■終着駅へ行ってきます (新潮文庫)
読了日:02月24日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268045

■プロレス 悪夢の10年を問う (宝島SUGOI文庫)
「オールド」プロレスファンとしては、分かったような分からんような。
読了日:02月23日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1108156

■だからどーした劇場 (双葉文庫 い 17-40 ひさいち文庫)
ついつい買ってしまうひさいち文庫。恐るべし。
読了日:02月23日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1105879

■真日本タブー事件史 (宝島SUGOI文庫)
読了日:02月23日 著者:別冊宝島編集部
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796663819

外資の常識―伝説のディーラー奮戦記 (日経ビジネス人文庫 ブルー ふ 4-2)
読了日:02月21日 著者:藤巻 健史
http://book.akahoshitakuya.com/b/4532194202

■患者さんには絶対言えない 大学病院の掟 (青春新書)
面白かったし読みやすかったけど、ちとセンセーショナルに過ぎますか。
読了日:02月19日 著者:中原 英臣
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1065273

■精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)
かなり思いきった内容で、ぐいぐい読ませる。
読了日:02月19日 著者:春日 武彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/1065233

■不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
読了日:02月19日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101465215

■銀行窓口の向こう側 (扶桑社文庫 し 13-1)
読了日:02月17日 著者:神保 広記
http://book.akahoshitakuya.com/b/4594055591

■わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)
読了日:02月17日 著者:ロンブ カトー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480085432

■シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)
読了日:02月16日 著者:田丸 公美子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167717646

■パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)
読了日:02月15日 著者:田丸 公美子
http://book.akahoshitakuya.com/b/416767923X

■グローバル時代の通訳―基礎知識からトレーニング法まで
読了日:02月14日 著者:水野 真木子,鍵村 和子,中林 真佐男,長尾 ひろみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4384019718

■ヒトのオスは飼わないの? (文春文庫)
読了日:02月14日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167671034

旅行者の朝食 (文春文庫)
読了日:02月13日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167671026

■魔女と聖女 ヨ−ロッパ中・近世の女たち (講談社現代新書)
宗教、オカルト系かと思ったら、女性史で少しがっかり。
読了日:02月12日 著者:池上 俊一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/989669

■国際ビジネスのためのプロトコール―心得たい国際儀礼 (有斐閣ビジネス)
読了日:02月12日 著者:寺西 千代子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4641069131

■軽症うつ病 (講談社現代新書)
読了日:02月11日 著者:笠原 嘉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061492896

東電OL殺人事件 (新潮文庫)
このお方に、例えば鎌田慧とかの淡々とした感じを求めるのは贅沢なの?
読了日:02月10日 著者:佐野 眞一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/968676

■線路の果てに旅がある (新潮文庫)
読了日:02月10日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268134

最長片道切符の旅 (新潮文庫)
読了日:02月09日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268029

■シベリア鉄道9400キロ (角川文庫 (6230))
読了日:02月08日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041598036

■鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)
読了日:02月08日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041598109

■旅は自由席 (新潮文庫)
読了日:02月08日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268118

■増補版 時刻表昭和史 (角川文庫)
読了日:02月08日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041598087

■汽車との散歩 (新潮文庫)
読了日:02月07日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268088

国税局調査部―脱税を追え! (徳間文庫)
なんか変に感傷的で、あたしは好きじゃねぇ。
読了日:02月05日 著者:立石 勝規
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/924574

■第三阿房列車 (福武文庫)
読了日:02月05日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828832378

■第二阿房列車 (福武文庫)
読了日:02月04日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828832246

■パチンコ「30兆円の闇」 (小学館文庫)
このヒト、ヤクザモノはいけてるんだけど、それ以外になるといきなりトップ屋に戻るのね。
読了日:02月03日 著者:溝口 敦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/910220

■宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)
読了日:02月03日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4102159754

■宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
待ちに待ったサイモン・シンの新作ですなぁ。
読了日:02月02日 著者:サイモン シン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/902456

■中核VS革マル(下) (講談社文庫)
読了日:02月02日 著者:立花 隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4061341847

■中核VS革マル(上) (講談社文庫)
古い本だけど、読みにくいけれど、面白いですよ。
読了日:01月31日 著者:立花 隆
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/897545

■第一阿房列車 (福武文庫)
読了日:01月30日 著者:内田 百けん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4828832122

■旅の終りは個室寝台車 (新潮文庫)
読了日:01月29日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101268053

■時刻表おくのほそ道 (文春文庫 (331‐1))
読了日:01月29日 著者:宮脇 俊三
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167331012

■現代の感染症 (岩波新書)
読了日:01月28日 著者:相川 正道,永倉 貢一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4004305136

アルツハイマー病 (岩波新書)
読了日:01月27日 著者:黒田 洋一郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4004305616

■裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫)
読了日:01月26日 著者:門田 隆将
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101231419

■死因不明社会 (ブルーバックス)
読了日:01月25日 著者:海堂 尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062575787

■進化から見た病気 (ブルーバックス)
読了日:01月23日 著者:栃内 新
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062576260

プリオン説はほんとうか? (ブルーバックス)
読了日:01月22日 著者:福岡 伸一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062575043

■さあ 数学しよう!―ハイスクールでの対話
読了日:01月20日 著者:S. ラング
http://book.akahoshitakuya.com/b/4000055100

■武士道残飯物語 (双葉文庫―ひさいち文庫 (い-17-26))
読了日:01月20日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713260

■文豪春秋 (創元ライブラリ)
読了日:01月18日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4488070485

■ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)
読了日:01月17日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4167671018

■魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)
読了日:01月16日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101465223

世界金融危機 開いたパンドラ (日経プレミアシリーズ)
いわゆる「金融危機バブル」本の一環ですかな。言いたいことがとっ散らかっててなんだかなぁ。
読了日:01月13日 著者:滝田 洋一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/728384

■ほんの本棚 (創元ライブラリ)
読了日:01月13日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4488070469

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
読了日:01月12日 著者:海堂尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796667695

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
読了日:01月12日 著者:海堂尊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4796667679

■スチャラカお宝大明神 (双葉文庫 い 17-35 ひさいち文庫)
読了日:01月11日 著者:いしい ひさいち
http://book.akahoshitakuya.com/b/4575713449

■裁判長!これで執行猶予は甘くないすか
読了日:01月11日 著者:北尾 トロ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163675604

ユダヤ・ジョーク集 (講談社プラスアルファ文庫)
職場の先輩に借りて読破。
読了日:01月10日 著者:ラビ・M. トケイヤー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/692480

■パンツの面目ふんどしの沽券 (ちくま文庫)
読了日:01月08日 著者:米原 万里
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480424229

■食肉の帝王 (講談社プラスアルファ文庫)
読了日:01月07日 著者:溝口 敦
http://book.akahoshitakuya.com/b/406256890X

■「病気の値段」の怖い話 (講談社プラスアルファ新書)
読了日:01月06日 著者:有村 英明
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062725479

日本共産党 (新潮新書)
読了日:01月06日 著者:筆坂 秀世
http://book.akahoshitakuya.com/b/4106101645

■きまぐれ学問所 (角川文庫)
読了日:01月04日 著者:星 新一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041303176


読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/