束の間の、とは

友人夫妻と和歌山の別荘地へ(もちろん先方所有)。台風の影響か、風雨が吹き荒れる中、リタイア後の居住地はどこが最適かなど、非建設的な会話にいそしむ。